ほうれい線に

では、より具体的に美容皮膚科で行うことができるケアの内容について紹介します。自分の顔を見ていて、美について気になってしまう場合が多い点として、ほうれい線があります。ほうれい線は鼻から顎に向けて延びる線であり、頬の脂肪を支えるだけの表情筋の筋力がなくなってしまうことによって発生する老化現象の一つです。特に年齢が見えやすい部分であるため、対処方法について考える必要があるでしょう。

それでは、美容皮膚科ではほうれい線の治療のためにどのような方法を用いる事ができるのでしょうか。利用できる方法の1つとして、ヒアルロン酸注入があります。ヒアルロン酸というのは、肌の張りを維持するために必要となる物質です。これをほうれい線に対して入れることによって、2から3ヶ月程度ほうれい線の状態をよくすることができます。

次に、フェザーリフトという方法があります。これは、肌の内部に対して特殊な糸を入れる方法です。この糸にはコラーゲン生成を促す効果があるため、肌のリフトアップができるのが特徴です。この他にも、美容皮膚科によって行える方法は違っているため、一度相談をしてみるのが良いでしょう。独自の方法を持っている美容皮膚科もあります。